Apple Store(Japan)

2005年07月13日

スター・ウォーズ/エピソード3:シスの復讐

Star Wars, Episode III: The Revenge of the Sith [Original Motion Picture Soundtrack] [Includes Bonus DVD]映画 公式サイト
へいへい!見てきたよーん手(チョキ)
公開2日目に見た。弟は先行でも見てたからもう2回目!
あともう一回みるらしいがく〜(落胆した顔)
まぁこんな人はうじゃうじゃいるんだろうね〜。

映画のはじめのSTAR WARSのロゴが表れて音楽が流れるところあるでしょ。
ここだけでもかなり感動でしたねー。気持ちが高ぶるというか。
あの音楽が最高!ていうか、全体を通してみても音楽が最高でしょ。
壮大なオーケストラ。
父親は車でバンバン聴いてますから音楽
テンションが上がるからみたいですけどグッド(上向き矢印)

最初の戦闘シーンはまるでディズニーランドのスターツアーズに乗ってる気分だね。
すごい迫力だね。
R2-D2はやっぱりかわいいね。結構活躍したよ。
C3P0はあまり出番はなし。でも出てきたけど。情けで出てる感じ?
やっぱ出ないとさびしいからね〜。
チューバッカも出てきたけどもっとクローズアップして欲しかったなぁ。
チューバッカもめちゃめちゃかわいいもんね〜。

ダースベイダー誕生の瞬間はすごいね。
特に最初の一息がすごいね。
ダースベイダー役のクリステンセンくんはほんとこの役になれてすごいと思う。
最高でしょ。
でもクリステンセンくんはもう俳優をやめるかも?という噂があるよ。
そこんとこどうよ?

今までスターウォーズを見てなくても楽しめると言うが
やはり見てたほうが楽しめるでしょ。
1,2はいいとして最低旧3部作はみるべきじゃないかな。
それかエピソード4だけでもいいと思う!

当たり前だけど手がこんでて映像はすごいよね。
もう完結してしまってさびしいねぇ。
リスペクトの意味もこめて5つでいこうぴかぴか(新しい)
05.07.10 at theater ★★★★★
スター・ウォーズ/エピソード3:シスの復讐@映画生活
ひらめき 関連商品
  
続きを読む
posted by ちえっぴ at 11:34| Comment(0) | TrackBack(3) | ★★★★★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月28日

dot the i(ドット・ジ・アイ)

ドット・ジ・アイ
映画 公式サイト

黒ハート特集サイト1(@nifty:Theater@nifty)
ガエルくんのインタビューあり!!インタビュー中の笑顔が素敵すぎるね。メイキングもあり。
黒ハート特集サイト2(CINEMA@PLALA)
ガエルくんの画像がいっぱいあるよ。

どんでん返し系で期待してみたんですけど期待以上ではなかったです。
私の体調が悪かったからかなぁ〜ふらふら
体調が悪かったから後味も悪かったのかもしれん!
ストーリー的には飽きないしおもしろいですよ!
でも少し後味が悪いかなぁ。
最後にアレされちゃった人はちょっとかわいそうかなと思いました。
(ネタバレしないようにしました)

私はガエルくん好きなんですけど、この作品もまぁまぁよかったよ!
なんといっても笑顔が素敵ね〜黒ハート黒ハート黒ハート
親しみやすい笑顔がやばいですよね。
八重歯(?)がgood!
スターになっても抜かないでほすぃぴかぴか(新しい)

音楽がかっこよくてサントラ欲しいなと思ったんだけど現時点ではないみたいですねもうやだ〜(悲しい顔)
無難に★4つで!!まぁまぁおすすめ!
★★★★☆ 05.06.27 at home
dot the i@映画生活

ひらめき 関連商品
  
アモーレスペロスはマジでおすすめ!
ガエル君ファンは見なきゃだめ!!
ファンでなくても見る価値あり!!
posted by ちえっぴ at 12:48| Comment(0) | TrackBack(3) | ★★★★☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月14日

電車男

電車男 スタンダード・エディション
映画 公式サイト

見る気はあまりなかったのですがなかなか評判はいいようなので見ちゃいましたわーい(嬉しい顔)

「電車男」についてはだいたいの知識はもってました。
本は読んでませんけどネット上のまとめサイトみたいなとこでひととうりは読みました。
まぁ別に「いいな」とかは思いませんでしたけどね。

映画の方は・・・
普通に泣くの我慢しました。

泣かせるのって多分簡単でベタなものがやっぱり一番泣けるよなと思った。
最近の韓流がそうであるように。

ストーリー的にはすごく単純ですよね。
ださい男が初めて本気で人を好きになる。
恋ってすごく辛くて苦しい。
だけどそれを止められない。
そういうのがすごくわかりやすいし、グッとくるもんですよね。

で、主演の山田君の演技がすごくいいですね〜。
笑わせポイントもありで、泣かせる演技もあり。
山田君がやったから成功したんじゃないかなと思う。
中谷美紀もすごくいいです。(って褒めすぎやな)
おしとやか〜とてもおしとやか。
私もこれくらいおしとやかにならなきゃいかんなと思いました(汗)
テレビ版の「電車男」は伊藤美咲らしいけど、このおしとやかさはでなそうだよね。

a true love storyという副題だけどtrueということは気にせず見たほうが楽しめるかなと思います。
「ありえな〜い」とか考えるとつまんないと思うし。

わかりやすいストーリーだし、気楽に見るのに最適ですね。
笑えるし泣けるしわーい(嬉しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)
映画 電車男@映画生活

★★★★☆
05.06.10 at theater

ひらめき 関連商品
 
posted by ちえっぴ at 10:28| Comment(0) | TrackBack(13) | ★★★★☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月15日

解夏


フラッシュで表示させるやつを使ってみました! こういうの欲しかったですよ。 でもひとつの商品を紹介するときには適してないかな・・・?
seesaaで表示させるには一手間いるらしい。こちらを参照。

テレビ放送をビデオにとって見たよ。 まぁ普通ですね。 私はテレビドラマの方も見てたんですけどそっちのほうがおもしろいな。 当たり前かな。

いつも思うのだが映画の主題歌ってエンディングしか流れないでしょ。 それって主題歌っていうのかね? なんでもそうじゃん。 話の中では流れないでしょ。 流れた方が絶対いいのに。 解夏でもさだまさしの歌泣かせる歌なのに話中で流れないのはもったいない気がする。

at home
★★★☆☆
posted by ちえっぴ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月06日

コンスタンティン

コンスタンティン
映画 公式サイト
注!このエントリーの最後はちゃんと読んだ方がいいよ。

公開の2日目に見ました!だから、4月24日ですね!
これ投稿してるのは5月6日・・・いつも投稿するの遅くなってしまう私です。

公開2日目ということもあってこんでました!
なんと前から2列目でみるはめになってしまいましたふらふら
この映画は別に見る気はなかったんですけど、弟にしつこく誘われたので一緒にみてやりました(えらそう)

えっと、いきなりエクソシストみたいな展開で怖い・・・。
悪魔にとりつかれた女の子がでてきて怖い。助けてー!!
画面がでかいので迫力あるし・・・。
そんでその悪魔祓いをするのがキアヌリーブスなんです。
キアヌリーブスは悪魔祓いの人なんです。

悪魔やら天使やらが出てきて、ファンタジックです。
キリスト教がどうたらこうたらで、少し宗教チックでもあります。
ま、ストーリーは普通ですね。
まぁ普通に見れます。

この映画の監督はミュージックビデオ出身なのでやはり映像はいいと思う。
そこは見所。

あともうひとつの見所はキアヌですねー。
すごく役に合っていてかっこいいですよハートたち(複数ハート)
ちょっと影が入ってて素敵ですよ。
キアヌファンは間違いなく必見だと思います。
ま、そんなファンはもう見てると思うけどねー。

あと、役で気になったのはサタン(悪魔の中で一番偉い人)ですね。
サタンのくせに軽い軽い(性格というか身振りなどが)。
そこが私のツボでした。

まぁそんなこんなで、飽きないし、キアヌもでてるし、
物語もそんなに複雑じゃないし4つでいいかなー。

追記:スタッフロールが終わるまで席を立たないでくださいね!
って言うのもおまけ映像があるらしい。
「あるらしい」って言うのも私は見逃してしまったのだもうやだ〜(悲しい顔)
もうひとりの弟はそのことを知っていたのにも関わらず私たちに言うのを忘れていたらしい。
あー悔しい。
なのでお見逃しなく手(パー)
★★★★☆
05.04.24 at theater

映画 コンスタンティン@映画生活
ひらめき 関連商品
  
posted by ちえっぴ at 16:10| Comment(0) | TrackBack(6) | ★★★★☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月16日

アビエイター

アビエイター プレミアム・エディション 映画 公式サイト

結構観てから時間がたってこれを投稿しておりますふらふら
期待していたよりは重い感じでさっぱりと楽しめる感じではないです。
重い作品でした。

本当にあった話です。
で、やっぱり主人公の人生がすごいです。
身を削って自分の目標を成し遂げようとしていてすごいなと思った。
もう命を懸けてるんです。
自分の普段の生活はなんてぬるいんだろうと思いました。
こんだけ必死になにかに向かってはないなーって思う。

ま、主人公はがんばって身を削ってるわけでなくそれは必然というか、
そういう人なんだろうなと思います。才能というか。

でも、一回きりの人生だからこういう風に身を削って生きるのが正しいのかな。

とにかく主人公のキャラクターに圧倒されるねー。

ディカプリオはなかなかよかったと思います。
アカデミー賞に値するかとかはよく私はわからないけどねー。

at theater
★★★★☆

映画 アビエイター@映画生活
ひらめき 関連商品
  
posted by ちえっぴ at 12:09| Comment(0) | TrackBack(4) | ★★★★☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。