Apple Store(Japan)

2005年02月07日

世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ スタンダード・エディションえっとこれを見たのはこの記事の日付の2月7日です。
(これから記事の日付を見た日にしようと思います。その方が後で自分が
どれだけ映画を見たかわかりやすそうだし。)
でも、記事を書いてるのは28日です。
だからコメントが適当かもしれませぬ。すんまそん。

いま、会いにゆきますは映画館で見まして、
その記事でセカチューと比べてみたいななんて言ってましたけど
映画館で見た映画と家でDVDで見た映画を比べることはできないですよね。
やっぱり映画館で見たほうがおもしろいと思いますし。
だから比べることはできないですね。

でも、私的には「いま、会いにゆきます」の方が好きかなー?
展開がわかりやすいし、爽やかかなと思います。

セカチューはですね、長澤まさみがとてもかわゆい!
まさにヒロインという感じですね。
やっぱりDVD鑑賞ということもあるのか泣きはしませんでした。

結構かわいそうなお話ですよね。
死んだ方はなんかやっぱりかわいそう。
(死んだはネタバレじゃないよね??)
むなしい。
愛することもできないもん、死んだら。
恋人が生きて誰かを愛してしまうことは許せないなぁ。
私だったら(こわっ!笑)

映像はとてもきれいですね。
風景もきれいだし、光の使い方がきれいです。

まぁとても流行ったし、マストアイテムだと思うので、
見てみてもいいと思われますね!

★★★★☆
at home
世界の中心で、愛をさけぶ@映画生活

ひらめき 関連商品
  

posted by ちえっぴ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(3) | ★★★★☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月20日

ネバーランド

ネバーランド 映画 公式サイト

序盤は少し退屈で眠いな〜と思うとこもあった。
でもラストに向けて盛り上がり、
最後の最後では泣けてしまいます。
普通の人なら泣くと思う。
私は我慢したけど。
母親と行ったのだが母親は泣きませんでした。
というか、うちの母親は映画では絶対泣きません。
すごい神経図太いと思う。
ここだけの話泣いているところは見たことないです。
まぁその話はおいといて、
普通にかわいそうなお話だから泣けます。
しかも子供がかわいそうなのでなおさらです。
ジョニーディップはまぁまぁかな。
真面目な役を演じています。
この役では「かっこいい」って感じではなく。
女子からしてみたら「ふ〜ん」て感じで。

★★★★☆
05.01.19 at theater

ネバーランド@映画生活
ネバーランド@amazon.co.jp
posted by ちえっぴ at 19:31| Comment(0) | TrackBack(12) | ★★★★☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月02日

いま、会いにゆきます

いま、会いにゆきます スタンダード・エディション

大晦日に一人で見ましたけどなにか?

違うよ、一人で映画館に行ったんじゃないよ。
家族4人で行ったんだよ。
そこでなんと4人それぞれ違う映画を見るということに挑戦!
父→エイリアンvsプレデター
母→僕の彼女を紹介します
弟→ハウルの動く城
私→いま、会いにゆきます

カップルが多くて肩身が狭かったなー(違う意味で涙)

映画の内容に。
まぁまぁよかったです!!
泣きはしなかったよ(誇らしげに)
周りの人は結構泣いてたかなー。
鼻水ズルズルしてたから。

最後の方にピークを持ってきすぎな気もしたかな。
前半とかは少し暇だった。まったりで。
師童はとてもよかった。すごくいい演技!
竹内結子の服がすごいかわいかった。
小日向さんはやっぱり魅力的です。
医者役なんだけど微妙に怪しくていい。
注目点は白衣の下に着てる派手なTシャツ。

映像もキレイですね。
それがこの映画をよくさせてるよ。
タイトルの「いま、会いにゆきます」ってすっごい重い言葉ということが判明します!
まじですごい重い言葉なんだよー。
見ればそれはわかるね。
私だったらどうするかなー、会いにゆくかなー。微妙・・・。
考える時間をください!!
んーすごい勇気がいるな、うん。

まぁこの映画はすごい売れたけどそこまでではないと思う。
ていうか自分がいいと思う映画とその売上は一致するわけではないからね。
セカチューはまだ見てないから見てみて、んでこの映画と比べてみたいと思う。
純愛映画の2本柱ですからね。

★★★★☆
04.12.31 at theater
いま、会いにゆきます@映画生活

ひらめき 関連商品
  
posted by ちえっぴ at 23:38| Comment(0) | TrackBack(3) | ★★★★☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月17日

恋は邪魔者

恋は邪魔者〈特別編〉
単純な映画が見たかったので借りてみた。
恋はいらないという持論を持つ作家の女性と、
プレイボーイな記者のお話。
恋はいらないという女にぎゃふんといわせるために
どうにかしてその作家をおとそうとするプレイボーイ記者のお話。
舞台は60年代のニューヨークです。
60年代ということでレニー・ゼルウィガーのファッションが超かわいいです。
私も普段からこんくらいは気合いれないとね〜と思った。
おしゃれしようよ!って気持ちになる。
んで、家の中の場面が多いんだけど
インテリアとかも素敵です。
しかも家が超豪華で「金持ちにになりて〜」と思っちゃいます。
ストーリーはあんましおもしろくないかな。
そこには期待しないで。
まぁレニー・セルウィガーを見てるだけでもおもしろいと思う。
ユアン・マクレガーは・・・別にそんなにかっこよくもなし。
関根さんに見えてしまうのは、私だけ??(笑)
甘めの評価です。

★★★★☆
04.12.14 at home
恋は邪魔者@映画生活
ひらめき 関連商品
  
posted by ちえっぴ at 19:34| Comment(0) | TrackBack(4) | ★★★★☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月01日

クライム・アンド・パニッシュメント

クライム・アンド・パニッシュメント
内容は暗い感じで、
見終わった後にはあんまし何も残らない感じなんだけど、
音楽とか映像とか展開とかがいいのか飽きなかったです。
まぁまぁおもしろかったと思う。
ってなんだろうと少し考えた。
スト−カーの男の子が好きな女の子に対するものが本当のなんだろうと思った。
とにかく揺るぎないんだよね。

★★★★☆
04.11.18 at home
(日付うるおぼえ)
posted by ちえっぴ at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★★☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月11日

SAW(ソウ)


映画 公式サイト
見てきました!おそるおそる!
すいません、恐すぎです!
ずっと緊張しっぱなしでした。
恐ろしいシーンはお得意の薄目を使って乗り切りました!
薄目で字幕だけ追うという技です(笑)
過激なシーンはいくらかはカットされているらしいです。
でもそれでもグロいぜ!R-15だけのことはある。

女の人が被害者のお話あるでしょ?
ヘッドギア装着のやつ。
あれなんてほとんど薄目でした。

ストーリーはなかなかおもしろいです。
犯人探しがおもしろい。
私は最後の最後までわからなかった。
そして映像もスピーディで飽きません!!
まぁ緊張しっぱなしってことは飽きないってことだけどね。
ずっと緊張。
最後のエンディングでも緊張。
「あ〜そうだったんだ〜」じゃなくて
「うわぁああぁぁああ!」で終わります。間違いない!

ていうか演技してる人、特に医者役の人。
あのいかれた演技をしてたら生活に支障がでそうだよ・・・。
医者役の人の演技はすごい。ごいすー。

この映画の宣伝に
「一人で見ることをおすすめします」ってなってたけど
これの意味はわからんな〜??
絶対何人かで行ったほうが映画を見終わったあと
あーだこーだいえるからいいと思う。
私は一人で見たんだけど(母親と映画館に行ったのだがこれは見ずに隠し剣見てました)
あーだこーだ言う相手が欲しかったです。

★★★★☆
2004.11.10 at theater
posted by ちえっぴ at 19:10| Comment(10) | TrackBack(8) | ★★★★☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トロイ

トロイ

弟がDVDを購入したので鑑賞!
2時間半もあるので気が向かなかったんだけどね。
壮大な物語で映像でした。
船も大量で兵士も大量でその大量さが見ものでしょうか。
あとブラピの肉体でしょうか。
あの肉体はすごいですねー格闘家ですよ。
まぁ実際役柄は格闘家なんだけどね。
アキレスは後世にも名を残すために戦うのだけれども
実際この私が生きている時代にまで名が残っているのがすごいですよ。
まさに願いが叶っています!!
あ、アキレス腱てこのアキレスからきてるって知ってた?
んでなんでアキレス腱て言うようになったか知ってた?
それは見ればわかります!!
それにしてもオーランドブルームの役柄はしょうもなくて情けないやつだなーと思った。

女の子よりもやっぱり男の子がみる映画ですね!
★★★★☆
2004.11.08 at home
posted by ちえっぴ at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★★☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月12日

恋の門

恋の門 ハンディ版 (1) 恋の門 ハンディ版 (2)
映画 公式サイト

10月9日公開!
で、当日に見ました@渋谷シネマライズ。
大型台風直撃の日に早起きして見に行きましたよ(汗)
舞台挨拶も見ました黒ハート
監督の松尾スズキ、松田龍平、酒井若菜、原作者で漫画家の羽生生純さんがご来場。
一人ずつコメントをもらい、宣伝部長みたいな人が本とかを宣伝して、マスコミ向けの撮影会が少し行われましたよ。

映画はとにかくラブコメです。笑うところが満載なので(私は比較的笑ってはいない)他のお客さんとかは最初から最後まで笑っていたよ。しょっぱなから笑っていたよ。
だから映画館はいい雰囲気でしたね。
石で描く漫画家(松田龍平)とコスプレ好きのOL(酒井若菜)のどたばた恋愛です。
松田龍平よりも酒井若菜のほうが目立ってたねー。確実に。
あのナイスバディでコスプレですもの。
コミケとかおたくの世界が見れます。同人誌とかね。
出てる人が結構豪華ですよ!!
しかもちょい役ででてくるから。
田辺誠一の役は笑えた。ばかっぷる役。恋人は"はいり"だし。
小島聖はかなりキテル。引くくらいの演技をしていますよ。
一番おもしろかったのは大竹しのぶのコスプレかな。最後のアレ(いちおうふせとくわ)。
キヨシロウが歌った歌いい歌だったなるんるん

ストーリーには期待していかないほうがいいです。
アニメというかまんがというかそんな感じで。
ギャグ漫画みたいな感じでキャラクターとかを楽しんでくださいまし。
★★★★☆
04.10.09 at theater

一緒に行ったお友達の感想もよかったら参考にしてくださいまし。
posted by ちえっぴ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★★☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月08日

青の炎

青の炎 特別版こんなにも切ない殺人者がかつていただろうか。

嵐の二ノ宮主演。あややもでてます。
二ノ宮の一人舞台です。いい仕事してる!
あややはなじんでるのかな?と心配だったがちゃんとなじんでいます!
見た後はなんともいえないむなしさ。
あやふやなものが残る。
17歳というあやふやな年齢。
殺人を犯すことの意味。
考えてみても意味などあるかはわからない。
17歳がする殺人。
やってはいけないことだというのは当たり前。
でもそれにのりきってしまうのはなぜだろう。
助けるためにはどうしたらよかったのか。
難しい・・・。
原作もおもしろそうです。

04.10.08 at home
posted by ちえっぴ at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★★☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

閉ざされた森

どんでん返し系のどまんなかの作品ですよ!
どんでん返し系大好き人間は必見でしょう。
しかーし!!私は頭が弱いので頭がこんがらがりまくりです。
最後まで見て結末までみても「?」が10個くらい頭の周りに浮かびました。
でもきっと私の頭が悪すぎなんだと思うよ。
普通の人ならだいたいわかると思う。
ていうか見た人に結局はどうなのか教えて欲しいです。プリーズ。
結構スリルがあって飽きないと思うよ。

04.10.04 at home続きを読む
posted by ちえっぴ at 17:37| Comment(3) | TrackBack(0) | ★★★★☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月25日

華氏911

華氏 911 コレクターズ・エディション 映画 公式サイト
話題の作品見てきました!
前作の「ボーリング・フォー・コロンバイン」も好きだったので。
軽い気持ちで見れるものと思っていたけどそうじゃなかった。
すごく重い作品です。
ブッシュ批判の映画ですけど「ブッシュ批判=戦争批判」ということなので。
戦争の残酷さがよくわかりました。
私は普段あまり戦争映画を見ません。意識して見てないのかもしれません。
なぜかというと、戦争映画というのはテーマはだいたい「戦争ダメ!」ですよね。
そんなのもうとっくのとうに知ってるから、今更そんなテーマの映画を見る必要がないからです。
で、この映画を見ると、やっぱり「戦争ダメ!」と強く思いました。
ただ単に戦争の残酷さを見せてる映画ではなく、イラク戦争はなぜ起こったか。そこにどうブッシュがからんでいるかを暴いている映画でした。
いろんな企業や人物が絡み合ってイラク戦争が起こっています。
その関係を長々説明してくれるんですが結構頭がこんがらがりました。難しいです。説明が早いというのもあるけどおばかさんの私にははっきり関係を理解できませんでした。
イラク戦争はアメリカを潤すために行われたというのはわかったけど。
私はあまり政治に詳しくない大人失格な人なんですけど、この映画は勉強になりました。井筒監督がこの映画を誉めていなかったのは井筒監督がイラク戦争について詳しかったからだと思います。戦争についてよく知っている人にとってみればこの映画をみて「だからなに?そんなこと初めから知ってるよ」という感じだと思います。
私はこの映画を素直に受け止めました。反感するほどの知識をもっていませんし。この映画を素直に受け止めた人から見たら、イラク戦争というものはむしろイラクという国を悪化させているように思いました。ブッシュはイラク戦争を自由を勝ち取るためみたいに言ってるけど、まったくそうではないようです。利益やらお金やらのためみたいです。
イラク戦争の内側もたくさん描かれていて、普段テレビでは流せないような痛々しい映像がたくさん流れました。私はこういう映像は苦手なので目を閉じたかったです。(でも字幕読まないといけないから変な感じになったけど)
見て損はないと思います。ブッシュのだめなとこは全部知ってる!と言う人はあまり新鮮味がないと思うけど。
痛々しい映像は苦手なので★−1です。
★★★★☆
04.08.22 at theater

ひらめき 関連商品
 
posted by ちえっぴ at 21:07| Comment(2) | TrackBack(0) | ★★★★☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月05日

死ぬまでにしたい10のこと

死ぬまでにしたい10のことこれは私の苦手な監督ペドロ・アルモドバルが製作総指揮をしている映画なのであまり期待はしてなかったよ。この監督ってすっごい評判はいいけど映画をみるとがっかりすることが多い。てかかなりクセのある監督だよね。
でもこの映画は「トークトゥハー」や「オールアバウトマイマザー」に比べてあっさりしてた。すっきりしてて意外だった。
夫も2人の娘もいる23歳の主人公が余命2ヶ月と宣告されて死ぬまでにしたい10のことをリストアップしそれを達成するお話。
死ぬことが悲しいという感情はあまりわかなかった。それよりも家族愛に感動したかな。娘たちに18歳までの誕生日メッセージをテープに吹き込むシーンが一番泣ける。私親子愛に弱い。この主人公って余命宣告された割にはあまり弱音を吐いたりしないんだよね。母は強しってことなのかなぁ。
したいことのひとつに「だんなと違う人と付き合ってみる」っていうのに反対の人もいると思うんです。家族を愛しているのに違う男性と付き合ってみたいなんて。でも私は反対ではなく別にすんなりと受け入れられたよ。この主人公はまだだんなとしかお付き合いをしたことがなかったんだ。で、違う男性と付き合ってみたかった。これはわかるよ、うん。その心理わかる。
で、私は2ヶ月の余命と宣告されたらなにをしたいかな?
1.お世話になった人に手紙を書く。
2.どこでもいいから海外旅行(海外行ったことないから)
3.できるだけたくさんの友人に会う
4.写真をたくさん撮る
5.今までの写真を整理する
6.母親にダイヤモンドの指輪をプレゼントする
7.長居スタジアムでセレッソの応援をする
8.南津守に行ってセレッソの練習見学してできるだけたくさんの選手からサインをもらう
9.西澤明訓と2ショット写真を撮る
10.巻誠一郎と2ショット写真を撮る
う〜ん。2ヶ月しか命がない間にすることってあんましないかも!だってさ、例えば新しいパソコン買っても意味ないしね。
実はやりのこしたことって少ないなと思った。欲ないのかな私。意外と10個は難しい!みなさんよく考えてみてよ。意外とないから。

★★★★☆
04.07.02 at home
posted by ちえっぴ at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★★☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キルビル

キル・ビル Vol.1
やっとこさ見ました。私はもうVol2は見てます。変な見方してます。逆です。
どんだけ気持ち悪いかなとと思ってたけど、体調を壊すほどの気持ち悪さではありませんでした。えげつないな〜とは思うけど、流血シーンはわりとドライな感じだよね。なまなましくないです。
2よりは派手な感じ。たくさんの敵と刀で戦うシーンはすごいですね。でも少し長く感じた。栗山千明なかなかよかった。栗山千明は刀で戦わないんだね。鎖の先に重い丸いのがついたやつを振り回して戦ってた。あれって戦うの難しそうだけどああやって戦うのか〜と勉強になった(?)。
2よりも音楽はいいと思った。
私はキルビル好きですね。賛否両論だと思うけど、私は賛成派です。キャラの濃い映画好き。遊び心ある映画好きです。
★★★★☆
04.06.27 at home
posted by ちえっぴ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★★☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マッチスティックメン

マッチスティック・メン 特別版ニコラスケイジ主演。ニコラスケイジは詐欺師の役です。詐偽のプロで詐欺で生活してるわけですよ。あまり罪悪感とかもなく。でも足を洗いたいと思ってて、最後の大仕事にとりかかって・・・そこから・・・。
これ見る人は絶対詐欺られるぞ!気をつけろ!
この映画にだまされます。絶対だまされます。私もだまされました。この映画に・・・。
見終わった後のあなたの感想は
「だまされた!」
でしょう!!
★★★★☆
04.06.28 at home
posted by ちえっぴ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★★☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月02日

アマデウス

アマデウス
モーツァルトの生涯を描いた作品です。こうやって映画で偉人を知るのはいいことですね。わかりやすいし。モーツァルトは天才でした。8歳のころにはもう40歳の作曲家と同じ能力を持っていました。やっぱ天才っているんだねぇ。人間は平等ではないね〜。見終わった後に頭の中で音楽がすごく残る。夜とか勝手に頭の中で流れてました。
★★★★☆
04.06.22 at home
posted by ちえっぴ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★★☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月09日

ビッグフィッシュ

公式サイト
これはかなり見たかった作品です!1日は1000円なので母と一緒に観にいきました。
王様のブランチの映画コーナーであのワイルドな女性のリリコさんが「ビッグフィッシュ」のVTRが終わったら号泣してました。それがすごく強烈で、めっさ見たくなったのです。
泣けるかというと私は泣きませんでした(私はあまり泣かないほう)。父親が死ぬシーンはけっこうきますが。私はむしろリリコが泣いてるのを思い出して泣きそうになりました(笑)
病気の父親は昔から息子にたくさん話をきかせていました。しかし、それは全て作り話。息子には本当の出来事を伝えてはいませんでした。で、息子は大人になるにつれ本当の父親を知りたくていろいろ追求し始める・・・。

ユアンマクレガーは父親の若かりし頃を演じています。父親が語ってきた物語の中の主人公です。この映画みて思ったんだけどすごく関根さんに似てる。是非確認を!(笑)その物語がなかなかファンタジーでいいです。大男がでてきたり。私が好きなシーンはやっぱり運命の女性に出会ったシーン。時が止まるところ。とても素敵です。
母親の人はおばさんなのに綺麗すぎ。で、お嫁さんはとてもかわいい☆
やっぱり私はスティーブ・ブシェミ(詩人役)好きだす。
映画自体は見やすい感じだけどテーマは結構深いと思う。見終わってすぐになにが言いたいかはわからないと思う。
★★★★☆
04.06.01 at theater
posted by ちえっぴ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★★☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロスト・イン・トランスレーション

ロスト・イン・トランスレーション オリジナル・サウンドトラック
ロスト・イン・トランスレーション オリジナル・サウンドトラック
[:PC:] 公式サイト
やっと見てきた!朝一の回で!
映画が始まるまでは映画のサントラがかかってましたよ。
お客さんの入りはほぼうまった感じで。
意外と笑うところが多かったのにびっくり。一番笑ったのは女の人が誘惑してくるシーンかなぁ。あれなんだったんだろうね?マシューはマシュー役でした。いつものハイテンションなマシューでした。なんら変わりなく。うちらからみたらいたっていつもどうり。外国の方からみたらテンションたかっ!とか思うかもね。
私一部寝てしまいました!すんまそん!寝不足で・・・。でも一瞬です!でもそのうとうとしてたシーンが京都のシーン!いや〜さぞきれいだったんだろうな。見たかったー!(自分が悪い)
外国の映画が日本を撮ると、こんなん日本ではないよー!と反抗したくなるけど、この映画はそうではなかった。日本が強調されることもなくうちらが感じてる東京だったと思います。
あと主人公達が泊まってるホテルに泊まりたくなる!パークハイアット東京!いつかは泊まってみたいぜ。そこから見える東京がなんともよかった。特に朝の景色。「東京砂漠」って感じで、なんともいえない幻想的な感じです。
え〜ストーリーはというと・・・今までに見たことのない感じ。別れ、出会い、恋愛、家族愛、裏切り、などとは言い表せない感情を表した映画だと思います。最後のシーンなんかなぜがぐっときます。言い表せない感情が湧きます。
すごくまったりしてますよ〜。音楽とか雰囲気はかなり好きですね〜。
★★★★☆
04.06.06 at theater
posted by ちえっぴ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★★☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハリウッド★ホンコン

ハリウッド★ホンコン
意外とグロイので注意!目を覆ってしまうシーンもあります。
色使いとか空気感がいいです。おしゃれな感じかな。
飽きないで最後まで見れます。
女の子の真意がわかりずらいところが難点ですね。もっと女の子の感情をクローズアップしたほうがいい話になったと思います。
ヒモ役の男の子。ウォン・ユーナンにすごく惹かれました!役は最悪の役だけど。この人は今は役者活動はしてないみたい。音楽方面で頑張ってるとか。
★★★★☆
04.06.08 at home
私ってだいたい星4つだよな・・・。まぁまぁいいと4つなんだよね。5こはめったにでない感じです。3つはほんとにふっつーって感じで。
posted by ちえっぴ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★★☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月08日

アダプテーション

アダプテーション DTSエディション
アダプテーション DTSエディション
感想書くの遅くなったから少し忘れかけてる(汗)
予告編の曲がクイーンでびっくり。聞いたことあるな〜と思ったらクイーンでした。クイーンて幅広いね。
ニコラスケイジもある意味幅広い。ここでは1人2役に挑戦してます。性格が正反対の双子を演じていますがうまかったです。
内容は最後の方はかなりハラハラドキドキです。人生はやり直しがきかないということでした。
交通事故のシーンが2回あるんだけどそれがすっごくリアル!まじで。
交通事故が体感できます。安全運転第一です!(←そんなテーマではないよ。笑)
★★★★☆
04.05.24 at home
posted by ちえっぴ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★★☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月02日

ベティサイズモア

ベティ・サイズモア
ベティ・サイズモア
いちいち映画のページをつくるのがしんどくなったのでこちらに映画の感想を述べます。あ、映画にはコメントokにします!どしどしお寄せください!(なんで普段の投稿にはコメントだめなのかはよくわからない心理。なんとなく自由になりたいから)映画のページはおいおいおすすめ映画を満載にしたいと思います。いつになるかわかりませんけど(笑)
えーこれは友達に薦められたやつです。コメディです。笑えます。
私が一番笑ったのは主人公が勝手にけが人の処置をしてナース服が血だらけになったとこ。レニー・セルウィガーかわいかったよ。天然キャラがナイスでした!
レニー・セルウィガーってブリジットジョーンズの日記からいきなりでてきた女優だけどほんと演技力あるよね〜。シカゴもかなりいいっすよ〜。
★★★★☆
04.05.17 at home
posted by ちえっぴ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★★☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。